0330.

0278.貴方は人妻出会い掲示板を活用するにあたり無料のサイトと有料のサイトのどちらを使いますか?多分無料のモノを選び人が多いと思います。

両方とも活用したことのある人なら知っていると思いますが、無料のサイトと有料サイトを比較してみると機能は大して違わないのでお金を払ってまで有料サイトを選ぶことはないと言えます。

しかし有料サイトの方が人間の質が良いと言えますので真面目な出会い求めている人が集まっていると言えるから婚活に活用するのなら有料サイトを使ったほうがいいと思います。

大手サイトの方が「サクラ」も少ないのでお勧めですし、安心して活用することが可能です。

真剣な出会いを求める以外は有料である必要はなく無料のサイトで十分だと思います。

無料のサイトは、現在人気があるサイトである「女性が男性をお金で買う」サイトも存在します。

無料でサイトを活用できた上に、上手く相手を見るけることが出来れば性行為をした上にお金まで貰えるなんてことがあるのです。

出会った際に必要なデート代や食事代、さらにホテル代まで全部女性が負担してくれるので、お金がない男子からすると非常にありがたいと言えます。

そしてそういうサイトは年上の女性が多いので熟女好きの若い男性ならば、とても魅力的なサイトだと断言できます。

お小遣いを貰えるといっても熟女とのお付き合いに抵抗がある人がいるので、熟女が好きな非とこそお勧めなのです。

現代社会においては女性の社会進出が進み、男性と同等の給料を得ている女性も多いので、今後は普通の人妻出会い掲示板より女性が男性をお金で買うサイトの方が人気が出るかもしれません。

「熟女」に明確な定義がないのは事実

「熟女さん」には上目使いで「熟女さん」とは年を重ねた女性を指す言葉ですが、実は明確な定義は存在しません。

ですが、一般的に妖艶な雰囲気を持っていたり、四十代から五十代、成人向けの映像作品では三十代半ばの女性を「熟女」と呼ぶことが多いです。

それでも「熟女」に明確な定義がないのは事実ですし、女性の場合は見た目と年齢が一致しない事もあるので、ギャップに驚いて失礼な事を言い、相手に嫌な思いをさせない為にも、分かりやすく「大人の女性」と表現を変えても支障はないでしょう。

「熟女さん」、正しくは「熟女」の明確な定義はありませんが、この単語が「大人の女性」を指している事は間違いありません。

そして、この単語に当て嵌る女性は既に結婚している方が多いといわれています。

そんな女性達がどうして「ライブチャット」に参加しているだと思われるでしょうが、これには理由があります。

その中でも特に多いのが、結婚して経済的に働く必要が無い立場になった代わりに「女性」としての満足感が得られない、その「寂しさ」を埋めるためという場合です。

なので、この様な「大人の女性」と長く上手く付き合いたい方は、「寂しさ」など精神的な部分を慰め、時に満足させてあげる事が大事なのです。

ここでは、その付き合い方において注意すべき点を御紹介します。

まず最初に、女性として「寂しさ」を抱える相手に満足してもらう為には、自分の意見を押し付けずに相手の意思を第一に考え、相手が求めているだろう「言葉」や「態度」が感じられる様に振舞う事です。

これは「ライブチャット」に限らず、メールでも同じで、相手が「欲しい」と思っている時に出せれば満足してもらえるでしょう。

そう考えると「年下さん」の時と同じ様な付き合い方で良いのか、と思われるでしょうが、全く異なる点があります。

それは、相手に「余裕」がある事です。

「熟女さん」は「大人の女性」なので、下手に笑わせようとして芸人の様な事をせず、筋の通った話をすれば怒らずに分かってくれる方が多いのです。

その点では「年下さん」に比べてネット上で会話する「ライブチャット」でも、メールでも「熟女さん」と呼ばれる女性達の方が付き合い易いともいえます。

ですが、この点に甘えて頻繁にサイトやメール等の連絡を怠けてしまうと、せっかく親しくなれた相手を他の男性に取られてしまう可能性があります。

そうならない為にも、仕事や体調に支障をきたさない程度にサイトに行って顔を見せたり、メールで連絡をとる様にしましょう。

更に「熟女さん」と付き合う場合は、既に婚者している女性が多いという事を忘れないでください。

結婚しているという事は、相手には既に「家庭」があるので、女性が身内に黙って「ライブチャット」に参加している場合もあるのです。

そのため、急にネット上でも「交際」が知られた時は相手の女性だけでなく、その身内と話し合う事態になる事もありえます。

そうなった時に慌てない様に、このタイプの女性と親しくなった際は、頭の中で最悪の事態になった時を想定して何を言うべきか考えておくと良いでしょう。

しかし、この様に重い事態になる場合もありますが、いざ付き合う事になった際は、他のタイプの女性達に比べて「余裕」があるので自分に掛かる負担が少なく、気軽に「交際」が出来る可能性はあります。

中には「ライブチャット」での出会いから始まり、メールでの連絡から本格的な「交際」に発展して、外で会う様になるまで短期間でいける女性も居ます。

自分は気が短いと自覚している人は、そんな女性を探すのも楽しみ方の一つです。

ですが、このタイプと付き合う時は、事前に発生するだろう利益と不利益をきちんと考えて、それでも「やりたい」と思えるか自分で決めてからにして下さい。

逆援助交際の専用のサイトとは

逆援助交際の専用のサイトは多数存在しますが、逆援助女性の数はまだまだ少なく、逆援助女性が一体どんな人なのか想像できないという男性もいるでしょう。

しかし、相手の事を全く知らないのでは相手に気に入ってもらう事は難しいですよね。

ある程度逆援助女性とはこうゆう人だという知識を得ておいた方がいいでしょう。

まず逆援助交際とは30代~40代の女性です。

逆援助交際は報酬金額がかなり高額なので、経済的に余裕のある女性しか利用する事が出来ません。

そのまた20代の若い女性はまだそれほど経済的に余裕がありませんし、そもそも20代の女性は仕事に熱中している女性と恋愛に熱中している女性に極端に分けられると思いますが、恋愛に熱中している女性に関しては20代はまだまだ出会いも多いので逆援助交際で男性を買おうという発想にはならないようです。

30代~40代になって逆援助交際をしようと思う女性は20代は仕事に熱中していた女性です。

仕事に熱中するあまり、若い頃に遊んでいなかったため、恋愛をしたい、まだまだ女性として男性から求められたいと思うのでしょう。

しかし、同世代の男性はもう結婚して家庭を持っているため出会いは極端に少なくなっています。

熟女ブームが到来しているとはいえ、まだまだ熟女が好きな女性よりも若い女性が好きな女性の方が圧倒的に数が多いですよね。

それに仕事で成功し経済的には余裕が出てきているので、お金を払ってもいいから、自分の好みの男性とセックスをしたいと思うのでしょう。

それにお金を払う事で割り切って楽しむ事が出来ますよね。

恋愛になると相手にどう見られるか体裁を気にしてしまいますが、お金でセックスを買うのなら自分のして欲しい欲求をサービスとして受け取る事が出来るでしょう。

どう考えてみても、自分と同世代の結婚出来なかったおじさんの中から相手を探すよりも、若い男性で自分の好みの男性からチヤホヤされた方が楽しいですよね。

お金を払ってまで男性とセックスをしたいんだろうか?と男性は思うかもしれませんが、女性はセックスは男性なら誰でもいいとはならないので、むしろお金に余裕があるんだったら自分の好みの男性とお金を払ってセックスをしたいと女性は思うのでしょう。

逆援助交際の意味とは

逆援助交際という言葉も少しづつ浸透しているようですね。

さすがに援助交際ほどメジャーな言葉ではありませんが、援助交際という言葉を知っていれば自ずと逆援助交際の意味を連想できるはずです。

男性が女性にお金を払ってセックスする事が援助交際なのですから、その逆なら女性が男性にお金を払ってセックスする事が逆援助交際です。

淑女という言葉から分かるように、昔は女性には性欲がないと思われていた時代が長くありましたが、女性の性の解放や、女性の社会進出により経済的に豊かな女性が出てきた事が、逆援助交際の発展に深く関わっているのでしょう。

男性側にしてみても、お金をもらって女性とセックスが出来るなんて美味しい話だと飛びつきたくなるでしょう。

しかし、援助交際もですが、当然逆援助交際も1人では成立する事が出来ません。

相手がいない事には話しになりません。

逆援助交際を求めている女性に出会うためには、街で逆ナンして逆援助されるなんて事はまずありえない話なのでインターネットの人妻出会い掲示板を利用する事をオススメします。

そして、どんな女性が逆援助しようと思うのか知っておいた方がいいでしょう。

当然ながら男性にセックスをしてお金を支払うのですから、経済的に余裕がある女性です。

経済的に余裕があるという事は、社会的地位がそれなりに高いと考えると、若い女性ではなく年上の女性になるでしょう。

刺激を求める既婚者かもしれませんし、独身女性かもしれませんが、年上好き、熟女好きな男性にしてみれば、逆援助交際を体験したいと思いますよね。

ただし、経済的に余裕があって、お金を払って男性とセックスをしたいという女性がたくさんいる・・・・・なんて事ありません。

逆援助されるという事はかなり稀な事で、逆援助の相手を探す事はかなりの困難を極めるでしょう。

人妻出会い掲示板に登録

メールの受信箱をのぞくと、いつも見慣れた送信者の中に混じって、身に覚えの無いメールがあったりしませんか?多くの人が体験していると思います。

例えば「○○さんへ」と貴方のニックネームから始まる内容。

そこには「熟女□□さんからメッセージが届いています」とあり、その女性が返信を待っているのですぐ開封してほしいとのこと。

もう、「熟女」という単語だけでいかがわしさをアピールしていますよね。

時には女性の淫らな写真が載っていることもあります。

また、「○○さん、今すぐ会いたいです。

主人は今日は帰ってきません。

何だか体がほてっているんです」といったその女性から直接連絡が来た内容のものもあります。

そこには顔写真が載せてあり、ずいぶんと若々しく美しい女性が写っていたりします。

まぁ当然のことながら登録した覚えはなく、エッチな女性がいるようにただ装っているだけのメールなので、無視して削除すればいいのですが、ここでふと疑問に思うのが、自分の情報がどこから流れているか、というもの。

メールアドレスだけでなく、ネット上で使っているハンドルネームまで割れているとなると、かなりぞっとする話ではないでしょうか。

人妻出会い掲示板に登録していないのなら、そのニックネームやメールアドレスを使用している、どこか自分で登録したサイトから漏えいしているということでしょう。

思い返してみると、それは何てことない普通のサイトだったりします。

企業が経営してるからと安心して、本名などの登録もしていたりします。

しかし、他に思い当たるふしがなければ、その一見普通なサイトも悪徳な業者と密接な関係にあるか、そのサイト自体が悪徳だと疑えてしまいます。

ですが、そのサイトでは会員同士のブログの公開もあり、会員数も多く、疑うにも何だか変。

とにかく、メールはひたすらに無視しましょう。

しばらくはメールが来なくなります。

ならもうメールが来なくなるのかというと、そうではありません。

ときどき「待っていましたが、返信が無かったので寂しかったです。

年増の私じゃ、やっぱりダメですか?どうしても○○さんにお会いしたいです」といったメールがふらりと来たりします。

私も実際受け取りましたよ。

メッセージの下には「画像があります。

下記のURLからアクセスしてください」とのこと。

私は「どうせ情報は全部ばれているんだしものは試しだ」と開いてみました。

すると、「写真があります。

もう一度開いてください」とまた別のURLが。

さすがもう開きません。

サイトへの勧誘ですね。

こういった手口に騙されないよう、注意してください。

いくつから熟女なのか?

いくつくらいの女性のことを熟女と呼ぶのでしょうか。

具体的に決まってはいないのですが、イメージからすると「35歳以上の女性」が一番当てはまるかと思います。

30代でも、前半ではまだまだ若いというイメージがあるので、やはり35歳以上ということになるでしょう。

この年齢の女性は本当に様々です。

独身か既婚か、子供がいるかで大きく分けられます。

さらには独身でも、仕事のモチベーションで大きく変わるでしょう。

仕事が一番のキャリアウーマンなのか、趣味の時間を大切にしているマイペース派なのかでも口説き文句は大きく変わってくるでしょう。

どう口説くかで方向性を間違えると、女性から好かれることはないので、はじめに「熟女の中のタイプ」を自分のなかでよく考えておくとよいでしょう。

主なテクニックをここで挙げておきましょう。

熟女と言われる35歳以上の女性は、いろいろとテクニックが必要になってきます。

独身だとしても、結婚を考えている女性はたくさんいます。

結婚を考えられる男性が見つからないと思っている女性が多いのです。

婚活サイトでも35歳以上の女性は多く、結婚相手探しに必死になっている女性もいます。

なかには、もう結婚はあきらめたと話す女性もいるでしょう。

しかし、本音はそうではない場合がほとんどです。

いくつになっても結婚へのアコガレはなかなか消えないのです。

結婚したいと考えている女性は、つねに自分の条件にあった男性を探しているので、すぐに結婚は考えられなくても、後々は考えているというふうに「結婚」をほのめかしたほうがよいと思います。

シンプルだけど嬉しい言葉、「素敵な女性だね」なんてことを言われると嬉しいと感じる女性が多いのです。

絶対に「結婚なんてもうあきらめたら」なんてことを言ってはいけませんよ。

自信過剰な男として見られて即嫌われてしまいます。

独身の熟女は知らぬ間に自信をなくしている場合が多いです。

「そんなことないよ、素敵な女性だよ」などといって、自信を持たせてあげる言葉をかけてあげてくださいね。

幅広い世代の女性を用意したホテトル業者

5歳当時は風俗感覚でしたもうずいぶん前の話ですが、私が住んでいる街にはほぼありとあらゆる風俗店が揃っていて、数も相当数あったんです。

当時は街の中の歓楽街にホテルがたくさん立っていて、ホテトルが大流行してました。

そのなかでも特に人気だったのは、幅広い世代の女性を用意したホテトル業者で、下は十代から上は熟女まで、客の好みに合わせて女の子を用意するのです。

そのなかでも「援助交際コース」という、他のコースより高額なコースを選ぶと、嘘か真か女子高生がホテルに来ると非常に話題になっていました。

私も、ご多分にもれず利用してみました。

そして来た子はたしかに若い女の子でした。

ですが、まあさすがに制服で来るというわけではありませんし、生徒手帳を見せてもらうわけではありませんから本当のところはわかりません。

しかし幼さの残る顔つき、客慣れしていない振る舞い、そして張りと弾力のある体つきといい、たしかに高校生だったのかもしれません。

援助交際コースは、1回6万5千円と高額だったのですが、結局ハマってしまいまして、毎月は無理でしたが2ヶ月に1回くらいは通うようになりました。

K子という私好みの女の子が来たとき、彼女の性格も良かったこともあり、ホテトル業者抜きで直接会えないか聞いてみたのです。

話を聞いてみると、業者側のピンハネがかなりあるようで、手取りは3万5千円だけで、不満を持っている女の子もいるとのことでした。

OKをもらった私は、それからは業者抜きで、直接K子と時々会うようになりました。

K子は本物の高校二年生で、一度制服を着てきてくれたことがありました。

0249.不良グループに入っているなど、素行が悪いのではなく、洋服などを買うお小遣いが欲しくて援交している、明るい普通の女の子でした。

K子と会うときは、食事などのデートのみの場合は2万円、セックスをする場合は4万円を渡すというのが、いつの間にか決まった暗黙のルールとなりました。

ホテトルはやめたと言っていましたが、私のような人間と他にも援助交際をしていたかもしれません。

私の方だって、恋人というよりは、馴染みの風俗嬢という感じで付き合っていたので、K子を束縛することもなく互いに自由にやっていました。

そのうちに今でも有名な児童買春・児童ポルノ処罰法が施行され、K子は18歳ではありましたけどまだ現役の高校生だったので、なんとなくその後は会わなくなり、私たちの関係は自然消滅してしまいました。